原点回帰講習用

「反応時間測定&停止距離計算」ツール

 

 を使っての指導方法 



原点回帰講習用「反応時間測定&停止距離計算」ツールは、「車は急に止まらない」ことを意識してもらうための指導・教養ツールです。

原点回帰講習での急制動体験や座学講習時にお使いください。

パソコンやスマホで使えますので、Webページで保存またホーム画面に登録しておけば指導・教養場面ですぐに活用できます。

 

➤右のボタンをクリックすると測定・計算ができます。



█  特徴

▼ 反応時間測定と停止距離計算が一画面でできる。

● 反応時間測定を10回にして測定時間を短縮

● 反応時間結果に基づいて、

 ➤ 低速時 5Km/h

 ➤ 中速時 40Km/h

 の両方の空走・制動・停止距離が表示される。

 ➤摩擦係数、速度の変更ができる。【再計算】可能

● 反応時間を変更して再計算も可能

● 再測定も可能




 █ 使い方(右の画面❶図)

 

 

❶ 「スタート」ボタンを押す。

❷ 信号機の色と同じボタンを押す。

 

▌測定は10回です。

 測定を10回にしているのは、講習時間の短縮を図るためです。

 

❸ 結果は、画面❷のとおり

▌速度、5Km/hと40Km/hの

 ・空走距離・制動距離・停止距離

 が上下二段に表示されます。

画面❶


❹ 結果内容を変更できます。

▌摩擦係数…

 下記図のとおりタイヤの良否、路面状態を変更することができます。

 選択後、「再計算」ボタンを押す。

 

▌速度や反応時間の変更

 速度また反応時間枠に数値を入力して「再計算」ボタンを押してください。

画面



 █ 同ツールを使っての指導方法

 

 原点回帰講習用「反応時間測定&停止距離計算」ツールを使っての指導方法は、冒頭で説明しました「車は急に止まらない。」意識付けのため実技講習や座学講習時に使用できますが、それ以外にも、交通事故発生時(追突、出会い頭、バック事故…等)事故報告受理時の機会教養時にも利用できます。

 

▼座学、原点回帰講習実技講習前の進め方



❶ 停止距離の意味を質問する。(認識度調査

 ドライバーが危険だと判断し行動してから車が停止するまでの移動距離

 

➋ 停止距離には2つの距離があることの質問(認識度調査

 「空走距離」と「制動距離」

・ドライバーが危険だと判断してからブレーキをかけるまでの距離(空走距離)

・ブレーキをかけ始めてから停止するまでの時間(制動距離)

 

➌ 速度5Km/hと40Km/hの停止距離を質問(意識度調査

 速度5Kmと40Kmではどれぐらいの停止距離が必要か?また意識をもって運転しているかを調査また下記図のように記入させる。


➍「反応時間測定&停止距離計算」ツールを使って検証(計算上の体験

 内容は、右の図のとおり。(クリックで拡大)

 

❺ 人には不可能なことがあることを指導する。

 人には反応時間があり、それが空走距離になって表れる。反応時間をゼロにすることは不可能で、速度が1Km、2Kmであっても停止距離は存在することを指導する。・・・ バック事故、追突事故等・・・「車は急に止まらない。」ことを意識づける。


以上が座学・個別指導・教養内容になります。

独り言 

 妻に、「反応時間測定&停止距離計算」を試してもらったところ、一言「ふーん… あなたは仕事の関係上で意識しているかもわからないけど、私らそんなこと意識して運転していない。」

…これが現実なんだ。事故を起こしてからでは遅いのに… やはり、実技体験をさせないと意識してもらえないのか…  やぶ管


▼実技体験~ 車は急に止まらない。(原点回帰講習)



 上記「反応時間測定 & 停止距離計算」結果に基づいて実車を使って急制動体験を実施すれば、「車は急に止まらない。」ことが理解できると思います。

 

 原点回帰講習内容は下記ボタンをクリックしてください。

 ▼ 受講者の感想



原点回帰講習等に関するお問合せは、

 大阪香里自動車教習所 安全運転管理支援チーム

 電話 072-831-0668 

 大阪府寝屋川市木屋町13-5

 まで、ご連絡ください。